大阪府北部地震:吉村大阪市長「休校」ツイッター発信問題

教職員・保護者の反応

報道によると、学校関係者は地震や吉村市長ツイッターに対して、以下のような反応を示したという。

 北区のある小学校長は、児童の登校後、すぐに休校を決断した。「泣きながら登校した児童もおり、余震があればパニックになりかねない」との思いがあった。保護者には一斉メールで連絡し、午前11時までにほぼ全ての児童が帰宅した。

淀川区の小学校では地震発生時、児童のほとんどが登校途中だった。校長は「このまま帰宅させれば余震などの危険を伴う恐れがある」と判断、児童を校内で待機させた。市長のツイッターを見て児童を迎えに来た保護者がいたこともあり、午前10時半ごろ、休校を決めたという。

一方、西成区の小学校では1限目から通常通り授業を実施した。教頭は「余震の危険がある中で子どもを帰し、一人で被災させる方が怖い。そんな大事なことをツイッターでつぶやかれても常にフォローしているわけではない」と戸惑いを隠さなかった。

毎日新聞2018年6月21日『地震 大阪震度6弱 大阪市、割れた休校判断 市長「全校で」短文投稿、混乱』)

 地震の影響はないと判断して授業を続けていた中学校の校長は「いつ帰ってくるのかと保護者から問い合わせもあり、混乱した」と明かす。ある小学校では、市長のツイートとほぼ同時に「通常通り」とメールで保護者に知らせたため、学校に子どもを迎えに行くか迷う保護者がいたという。

朝日新聞2018年6月21日『地震当日、大阪市長「全校休校」ツイート 一部で混乱』

 市教委は当初、「休校は各校の判断で」と伝えており、市長の投稿後も授業を続けた学校もあった。同市平野区の市立中学校には投稿を見た保護者から「子供はいつ帰ってくるのか」といった電話が相次ぎ、同校の教員は「指示系統が2つに分かれた形になって困惑した」と振り返る。

日経新聞2018年6月25日『災害時SNS発信で明暗、給水場所拡散、デマ投稿も』

また、大阪市の学校に子どもを通わせている保護者や、大阪市立学校の教職員とみられるツイッターアカウントからは、吉村市長のツイッターで混乱が起きたと訴える声もある。