大阪市高等学校教育史

大阪市立の高等学校について、教育史の概要を記す。

概観

大阪市制施行と高等女学校

大阪府立高等女学校(現在の大阪府立大手前高等学校。1882年創立、1887年高等女学校に改編)が、大阪市の市制施行の年・1889年10月1日付で大阪市に移管され、大阪市立大阪高等女学校となった。当時の校地は、北区常安町(現在の北区中之島5丁目)だった。

府から市への移管の経緯・理由を詳細に示した資料は残されていないが、大阪府立大手前高校沿革誌『大手前百年史』(1987年)によると、内務省からの指示があったとみられると推定している。

1900年には大阪市立第二高等女学校を設置した。南区千年町(現在の中央区東心斎橋2丁目)に、元千年小学校跡地を転用して設置した。またこれに伴い、従来の大阪市立大阪高等女学校は大阪市立第一高等女学校と改称した。

大阪府教育十カ年計画

大阪府により、1900年に「大阪府教育十カ年計画」が策定された。この計画では、大阪市内の中等教育について、大阪府は普通教育を中心に担い、大阪市は実業教育を中心に担うという役割分担の方針が示された。このときの計画がベースとなり、大阪府立と大阪市立の旧制中等教育諸学校および新制高等学校がそれぞれ役割分担しながら設置される体制が、100年以上にわたって続いてきた。

これに伴い、大阪市立の高等女学校は1901年度に大阪府に移管されることになり、大阪市立第一高等女学校は大阪府立中之島高等女学校(のち大手前高等女学校、現在の大阪府立大手前高等学校)となった。また大阪市立第二高等女学校は、1901年に新設された大阪府立清水谷高等女学校(現在の大阪府立清水谷高等学校)に吸収合併される形となった。

市立高等女学校の設置

大阪市では「大阪府教育十カ年計画」以降、実業教育を主とした商業学校や女学校を設置した。

女学校については、北区が北区実科女学校(1916年)、西区が西区高等実修女学校(1921年)、東区が東区女学校(1923年)を、それぞれ区有財産で設置した。

  • 北区実科女学校:のち桜宮高等女学校→大阪市立桜宮高等学校
  • 西区高等実修女学校:1941年大阪市立西華高等女学校→学制改革時に西商業高校に吸収される形で廃校
  • 東区女学校:のち東高等女学校→大阪市立東高等学校

時代が下り、高等女学校の入学難などもみられるようになったことから、これらの学校はその後市の直営となり、高等女学校へと改編されている。

1921年には、大阪市立としては「大阪府教育十カ年計画」以降初めての市立高等女学校として、大阪市立実践高等女学校(のち扇町高等女学校→大阪市立扇町高等学校)が北区に創立した。茶屋町付近に仮校舎を構えたのち、扇町に敷地を移転している。

1927年には北区実科女学校が大阪市立実科高等女学校(1934年桜宮高等女学校)に改編され、1937年には南区に南高等女学校(のち大阪市立南高等学校)が開設された。

商業学校

大阪市の商業教育の源流は、1880年11月に五代友厚らの手によって西区に大阪商業講習所が設置されたことに始まる。のちに大阪市に移管されて1889年に大阪市立大阪商業学校(のち大阪高等商業学校。大阪市立大学商学部の前身)となっている。

1912年には大阪高等商業学校から附属甲種商業科を分離し、大阪市立大阪甲種商業学校を南区(現・天王寺区)烏ヶ辻に設置した。大阪甲種商業学校(大阪市立第一商業学校→大阪市立天王寺商業学校と改称)が、後年の大阪市立天王寺商業高等学校の直接的なルーツとなる。

1920年には大阪市立第二商業学校(のち大阪市立市岡商業学校→大阪市立市岡商業高等学校)が、西区(現・港区)市岡に開校した。

また1920年には東区甲種商業学校を、東区広小路町(現在の中央区上町。大阪府立聴覚特別支援学校敷地)で、東区の区営として開設した。同校は翌1921年に大阪市直営となり、大阪市立東商業学校と改称した(のちの大阪市立東商業高等学校)。

1940年には大阪市立第七商業学校(のちの大阪市立淀商業高等学校)、大阪市立住吉商業学校(のちの大阪市立住吉商業高等学校)がそれぞれ開校した。

第七商業学校は、北区中之島にあった大阪市立実業学校(1919年創立)を商業科と工業科に分離して、商業科部分を母体として発足した。このときに分離した工業科は此花区酉島に校舎を構えて酉島工業学校となったが、戦災の影響で1947年に大阪市都島工業高等学校および大阪市立泉尾工業高等学校に機能統合される形で廃校となっている。

工業学校

市立大阪工業学校(のちの大阪市立都島工業高等学校)が1907年、機械系や建築系など物理系を中心とする工業学校として、大阪市北区北野牛丸町(現在の大阪駅北側付近)に創立した。同校は1920年に大阪市立工業学校に改称している。1925年には大阪駅の拡張工事に伴い、北区(現・都島区)善源寺町に移転した。

また、大阪市立泉尾工業学校(のちの大阪市立泉尾工業高等学校)が1922年に開校した。泉尾工業学校は化学系を中心とする工業学校として臨海部に設置された。 泉尾工業学校の敷地内に1926年、夜間課程の大阪市立泉尾工業専修学校(のち大阪市立泉尾第二工業高等学校)を併設している。

大阪市立工芸学校(のち大阪市立工芸高等学校)は1923年に開校した。同校の本館校舎は1924年に竣工した。同館はドイツのヴァイマル工芸学校をモデルとして設計されている。近代の学校建築として、大阪市指定有形文化財(2000年)および近代化産業遺産(2008年)にそれぞれ指定されている。

旧制中学校

1930年代には旧制中学校の入学難が目立つようになったことに伴い、大阪市立としては初めての中学校として、1941年に大阪市立中学校(のち大阪市立高等学校)が此花区の仮校舎で開校した。

大阪市立中学校では、将来的には高等科を併設して尋常科4年・高等科3年の7年制高等学校に改編する構想を持っていた。そのこともあって設置場所は大阪市内にこだわらず、大阪市外近郊に置くことも検討するとした。その際に当時の北河内郡枚方町(現・枚方市)が中学校を誘致していた背景があり、誘致要請に応じる形で、1943年に枚方町に校舎を設置した。

なお旧制高等学校への移行構想は、太平洋戦争での戦時体制や戦後の学制改革により立ち消えとなった。

旧制中等教育諸学校から専門部の独立

大阪市立都島工業学校は1943年、従来の6年課程を4年に短縮した上で、従来の5・6年相当の高等課程を大阪市立都島高等工業学校(大阪市立大学工学部の源流)として独立させた。

また大阪市立西華高等女学校は1947年、専攻科を大阪市立女子専門学校(大阪市立大学生活科学部の源流)として独立させた。

戦時体制と旧制中等教育諸学校

1940年代になると、中等学校の入試難が問題となったことや、戦時体制への対応として、大阪市は中等学校を増設した。

その際に新規の校舎・校地の確保や建設は困難だとして、児童数が比較的少ない国民学校を近隣校に統合させる形で廃校にさせ、空いた校舎・校地を新設の中等学校に転用する施策をとった。

汎愛中学校は1942年、旧汎愛国民学校の校舎を転用する形で、東区(現・中央区)淡路町に開校した。

1944年には各地に女子商業学校が設置された。商業学校については、国策で工業学校への転換が命じられた。その影響で大阪市でも既存の男子商業学校が工業学校に転換されたことにより、不足分を女子商業学校で補った。

このときに設置された中之島女子商業・芦池女子商業などの女子商業学校は、いずれも既存の国民学校を廃校にして校舎・校地を転用する形で設置され、終戦後は男子商業学校に合併する形になっている。

学制改革

1945年に太平洋戦争の終戦を迎え、戦後の改革が進められた。学制改革により、旧制中等教育諸学校は1948年度に新制高校へと移行することになった。

大阪市では、市立中等教育諸学校全校を形式的に新制高校に移行するものの、戦災で校舎被害を受けた学校があることなどの状況を考慮し、学校を整理統合するとしていた。

戦災被害によって校舎を失った高校や、校舎を1947年新設の新制中学校に転用されるなどした高校は、将来の統合なども見据えて別の高校と同居する形になった。

  • 南・桜宮:桜宮高校の校舎が新制中学校に転用されたことに伴い、南高校で2校同居。その後桜宮高校は別の場所に独立校舎を建てて独立移転。
  • 天王寺商業:天王寺商業高校の校舎が戦災で焼失したことに伴い、南区(現・中央区)の金甌小学校(現・中央小学校)校舎で天王寺商業・御津女子商業の2校同居。その後2校合併。後年、元の敷地に校舎を復帰。
  • 住吉商業:住吉商業高校の校舎が新制中学校に転用されたことに伴い、南区(現・中央区)の芦池商業校舎で住吉商業・芦池女子商業の2校同居。その後2校合併。住吉商業は後年、元の住吉区(現・住之江区)の敷地に復帰。

また学制改革に伴い、旧制学校時の男女別学は改められ、男女共学となった。旧制中学校・高等女学校を前身とする普通科系高校では、近隣校との生徒交流(一部は府立学校との交流も含む)によって男女共学を実現した。また商業高校系では、旧制男子商業学校と旧制女子商業学校を合併する方式も併用された。工業高校では主に、入学試験で女子の募集も加える方式で男女共学を図った。

1950年代には、大阪市が「特別自治市」制度を検討していたことに伴い、大阪市域にある府立高校を大阪市に移管する構想も提案されていたが、構想のみにとどまった。

「市立」の突然の府立移管提案(1978年)

1978年、枚方市に所在する「大阪市立高等学校」について、大阪市が有償での府立移管を求める方針を突然出した。また同時に、翌年度入試では市立高校の大阪市内在住生徒の募集定員を半減させるとした。

1979年に東高校が移転することに伴い、東高校の募集定員を増やすことで市立高校の定員を減らす、というのが、当時の市教委の言い分だった。

しかし、▼「当時市外在住生徒と市内在住生徒を半々の比率で入試募集していたのに、市内在住生徒の定員を著しく減らしたことは、市立学校としての運営根拠を失い府立移管につながりかねない」という危惧、▼当時高校生急増期にあたり募集定員増なども含めて高校教育充実が求められているのに募集減はおかしい、▼事前に学校関係者への意見聴取なしに教育委員会が一方的に発表したのもおかしい――などとして、学校関係者から「府立移管反対」の強い反対運動が起きた。また府立移管と密接につながるとみられた「募集定員」についても、元の定員に復元を求める運動も一体でおこなわれた。

学校関係者の取り組みを反映して、募集定員減は1979年度1学年のみにとどまり、1980年度には募集定員復元が実現した。また府立移管についても「白紙撤回」とする見解が出た。

個性化・特色化

府立高校が平均的な普通科教育を中心におこなっていたことに対して、大阪市立の高校では普通科系高校も含めて個性化・特色化の方向で運営する方針が、1980年代以降特に強まった。

英語科・理数科・体育科など、普通科系の科目を進化させて学ぶ専門学科も多数新設された。また職業系高校でも、従来の職業系学科の枠にとどまらないような新しい発想の学科なども併設された。

1994年には西商業高等学校を西高等学校と改称し、従来の商業高校から、英語科(普通科系)・流通経済科(商業科系)・情報科学科(工業科系)を併設し、一部の授業は3学科のミックスホームルーム形式で実施する総合制高校へと改編した。

2012年には、従来の天王寺商業・市岡商業・東商業の3高校を統合し、大阪ビジネスフロンティア高校が開校した。高大7年連携を見据えて、新しいタイプの商業教育をおこなうとしている。

1990年代には総合学科の制度・概念が導入された。1998年には従来の此花工業高等学校を総合学科に再編し、此花総合高等学校へと改編した。また2001年には従来の扇町商業高等学校を総合学科に再編し、扇町総合高等学校へ改編した。

2008年には中高一貫校、咲くやこの花中学校・高等学校を新設した。扇町高等学校で人文学科設置と演劇・芸術系学科新設構想などを軸にした「芸術文化高校」構想と、此花総合高等学校での単独改編での「中高一貫校化」構想を統合しておこなう形で、2校を統合し、中高一貫校(総合学科)と演劇科・食物文化科を併設した新高校を設置した。