維新の教育施策、数々の問題点

大阪府や大阪市では、橋下徹(2008-2011大阪府知事、2011-2015大阪市長)が創設した「大阪維新の会」によって、社会生活や行政の各分野に深刻な被害が現れています。

教育をめぐる環境、また隣接分野ともいえる保育や社会福祉、学術や文化の分野についても、極めて深刻になっています。

大阪維新の会の教育施策は「強権的・トップダウン的」「新自由主義的」といった特徴があります。

※以下、【府】は大阪府政での政策、【市】は大阪市政での政策を示す。【府・市】は府政・大阪市政両方に係る政策を示す。

学校教育

大阪府・大阪市教育条例

  • 【府】橋下徹大阪府知事特別秘書・河崎大樹氏(のち、大阪維新の会大阪市議を経て維新大阪府議)が2009年、府立高校の公募校長について「橋下の友人(中原徹)が応募する」と府教委に伝え、口利きと疑われるとして厳重注意を受ける。中原徹氏は2010年度に公募校長として採用。
  • 【府】府立高校公募校長・中原徹氏(のち大阪府教育長)、2012年3月の卒業式で、教職員が君が代を斉唱しているかどうかの「口元チェック」。
  • 【府】中原徹大阪府教育長、教育委員会事務局職員に対して、知事の看板を背景にして威圧的な言動を繰り返すなどのパワハラで、2015年3月に辞任。
  • 【市】2013年に市立学校で公募校長制度を導入。校長は原則公募としたが、「エリート教育ができないことなどが不満として3ヶ月で辞職(小学校長)」「保護者へのセクハラ(小学校長)」「教職員へのパワハラまがいの言動、生徒への不適切言動(中学校長)」など、外部公募者の問題が相次ぐ。
  • 【府・市】「教育基本条例」(府・大阪市とも2012年成立)による学校現場の締め付け強化。府・大阪市の教職員志願者が減少、他県に流出。

高等教育

  • 【府・市】大阪府立大学、大阪市立大学の強引な統廃合方針
  • 【市】大阪市立デザイン教育研究所の廃校計画問題。橋下徹市政のもとで2014年度募集停止を強行しようとし、その後撤回。少なくとも「市立としては運営しない」「数年後に民間移管」方針を掲げる。その後混乱を経て2017年に民営化構想を「白紙化」。

教職員

  • 【市】主務教諭制度の導入を2018年度より検討。主務教諭の職階を設け、37歳までに合格しない場合にはそれ以降37歳水準の給与に据え置く。
  • 【市】吉村洋文大阪市長、全国学力テストの結果が低迷したとして、各学校に数値目標を立てさせ教職員評価をおこなう方針を検討(2018年)。

高等学校

  • 【府】教育基本条例により、3年連続定員割れの府立高校は統廃合を検討
  • 【府】府立高校の統廃合計画(池田北、咲洲、西淀川、大正など)
  • 【府】府立高校の専任図書館司書を廃止。学校図書館体制の縮小
  • 【府・市】大阪市立高校の府立移管検討。
  • 【府】大阪維新の会大阪府議団が2013年、府立高校の教科書採択について、国旗国歌法に関して「一部で強制の動きがある」と記述があった、実教出版の高校日本史教科書(2013~16年版)を採択しないよう府教委に申し入れる。
  • 【府】実教出版日本史教科書の採択を希望した府立高校については、他地域のように採択拒否にまでは踏み込まなかったものの、国旗国歌法の扱いについて府教委が特別に補助教材を作成して授業での使用を義務づける条件で採択した。
  • 【府】私立高校を府独自で無償化。奨学の理念自体は一概には否定できないものの、大阪府の制度設計においては公立高校潰しと一体で、公教育の縮小策となっているのではないかと疑問が指摘されている。
  • 【市】2012年12月に発生し、2013年1月に事案が公表された桜宮高校「体罰」自殺事件を口実に、橋下徹が主導し「体育科廃止」など強権的な施策を打ち出して混乱させる。橋下は「学校関係者というだけで全校生徒も教職員も共犯」扱いで「十字架を背負うべき」などと発言するなどした。
  • 【市】大阪市・公設民営「国際バカロレア」中高一貫校の設置へ。
  • 【市】扇町総合・西・南の市立3高校の統廃合と、2022年度の統合新高校設置の構想を打ち出す(2017年)。
  • 【市】米国サンフランシスコ市との姉妹都市関係に基づいて大阪市の高校生を同市に派遣する事業を計画していたが、「従軍慰安婦像」問題を口実としたサンフランシスコ市との姉妹都市解消方針を2017年に吉村洋文大阪市長が打ち出した影響を受け、派遣事業を中止。

高校入試

  • 【府】公立高校学区制の廃止(2014年度)
  • 【府】府下公立中学校に「チャレンジテスト」導入(2015年度)。1回のテストの点数で調査書の評定(いわゆる内申点)を左右する。当日のテストの点数が振るわない場合は、教師がつけた評定が、当日のテストの点数相当に応じた範囲にまで引き下げられることになる。また3年生については、学校の平均点によって教師が評定をつける範囲が指定され、生徒個人の評定も左右されることになる。
  • 【市】大阪市立中学校では、府のチャレンジテストに加えて、「大阪市統一テスト」も実施。当日のテストの点数で評定の点数が指定されることに。