愛知県知立市立知立中学校いじめ報復事件

愛知県知立市立知立中学校の教諭が、校内に侵入してきた男性に襲撃された事件。容疑者はこの学校の卒業生で、在学中にこの教諭からいじめを受けていた経緯があり、報復目的で襲撃したことが判明した。

事件の経過

 愛知県知立市立知立中学校で2008年7月29日午後1時半頃、吹奏楽部の部活動中の教室に若い男性が乱入した。男性は顧問の男性教諭・K(当時34歳)の背中を刃物で刺して重傷を負わせた。

 事件現場には吹奏楽部員の生徒もいたが、生徒にケガはなかった。犯人は事件時、教師1人のみを狙い、生徒には危害を加えないという合図を送っていたという。

 男性は、現場に駆けつけた警察署員によって現行犯逮捕された。その後の調べで、犯人はこの中学校の卒業生の少年(当時18歳)と判明した。

 刺された男性教諭は、少年の中学2年時の学級担任だった。少年の在学中にこの教諭は、少年の容姿をからかうようなあだ名をつける、国語の授業中に「字が汚い」などと難癖をつけてつるし上げるなど、執拗ないじめを継続的におこなっていたことが発覚した。

 また教諭は、この事件から約3年前にも、別の当時2年の生徒に嫌がらせをして反撃され、カッターナイフで刺されたこともあったという。

 少年は犯行動機について、「在学中にいじめられたことへの報復」「この教師にいじめられたことで対人恐怖症になり、進学した高校を中退するなどし、始めた仕事もうまくいかなかった」とした。少年は2008年11月、医療少年院送致の処分が決定した。