大阪府立懐風館高校「黒染め強要」訴訟

大阪府立懐風館高校の女子生徒が2017年、「生まれつき茶色い髪の毛を黒く染めるよう教師から繰り返し強要され、授業出席を禁止された」などとして大阪府を訴えた訴訟。

事件の経過

この生徒は2015年度に懐風館高校に入学した。生徒は生まれつき髪の毛の色が茶色っぽかった。生徒は中学校時代にも髪染めを強要されていたこともあり、保護者は学校に対して配慮を求めていた。

しかし教師らは生徒に対して、髪の毛を黒く染めるよう繰り返し強要した。入学後は1~2週間ごとに指導し、その後頻度が4日前後になった。

生徒は髪の毛を黒く染めたものの、繰り返しの髪染めにより、染髪料が合わずに頭髪や頭皮が傷むなどの健康被害が出た。また教師の指導の際に、過呼吸で倒れたこともあった。

教諭らは生徒に対して、「母子家庭だから茶髪にしているのか」と差別的とも受け取れる暴言を吐いたとも指摘されている。

2年生だった2016年9月には、「髪の毛の色が黒に染まっていない」として、教師から授業や行事への参加を禁じられた。生徒はそれ以降登校できなくなり、修学旅行や文化祭にも参加できなかった。

生徒は2017年度に3年生に進級したが、事前に知らされていた所属クラスでは、クラス名簿から生徒の名前が抹消され、席も用意されていなかったという。生徒は登校できない状態が続いている。

生徒側の弁護士が学校側に問い合わせたところ、「たとえ金髪の外国人留学生でも規則で黒染めさせることになる」と説明したという。

生徒側は2017年10月までに、大阪府を相手取り、約220万円の損害賠償を求めて大阪地裁に民事提訴した。

事件の反響

この訴訟のニュースは反響を呼び、日本国内だけでなく、海外メディアでの外国語での配信も含めて、大きく報じられた。

芸能人がツイッターで「自分も生まれつき髪の毛の色が茶色いが、学生時代に黒く染めるよう強要された」と発言したり、同じような経験をした人がネットメディアで経験談を語りニュースになるなどの事例もあった。

国会質問でもこの問題がとりあげられるなどもした。文部科学省は黒染めの強要については「個別の事例については係争中になるので答えを差し控えるが、一般論としては生徒の自主性を尊重する生徒指導が重要」としたものの、大阪府が生徒の名前を出席名簿から抹消していたことは「不適切」として、大阪府に対して是正指導をおこなったことを明らかにした。

大阪府の対応

大阪府は、訴訟で争う方針を示した。

大阪府は、生徒の名前をクラス名簿から抹消した理由については「不登校になっている生徒への配慮」と主張した。しかし文科省からの指導を受け、2017年11月に生徒の名前を当該クラスの出席簿に加える措置をとった。