鳥取県小学校教諭「葬式ごっこ」いじめ事件

鳥取県倉吉市立河北小学校で1991年、教諭が授業中の発問に答えられなかった男子児童を罵倒し、「葬式ごっこ」いじめをおこなった事件。

事件の経過

鳥取県倉吉市立河北小学校の音楽専科の女性教諭(36)は1991年6月14日、6年生の音楽の授業で、「ある男子児童が授業中の質問に答えられず黙っていた」などとして、この児童を「お前は死人か」などと罵倒した。

さらに教諭は、音楽室の備品のメトロノームを児童の前に突きつけ、「葬式をしてあげよう」などと発言しながら、葬式の読経の際のかねを真似てメトロノームの音を鳴らした。

児童が声を上げたところ、教諭は「この死人はしゃべれるわ」などと発言して、さらにメトロノームを鳴らした。

複数の児童が帰宅後保護者に授業の様子を話し、複数の保護者から学校に連絡があり、事件が発覚した。

事件発覚後音楽専科教諭は事件のあったクラスに押しかけ、「先生だけが悪いのか」などと責任転嫁と事実調査への圧力をかけるような発言までおこなった。