仙台市立館中学校いじめ自殺事件

宮城県仙台市泉区の仙台市立やかた中学校1年だった男子生徒が2014年9月、いじめを苦にして自殺した事件。自殺の事実関係は1年後の2015年に明らかにされた。

事件の経過

仙台市立館中学校1年だった男子生徒は2014年、同級生からのいじめを受けていた。鉄殿点数が振るわなかったことを馬鹿にされたり、学校を休んだ際には「ずる休み」「仮病」と中傷されるなどした。

学校側はいじめに関係した生徒を指導したが、その後もいじめが続いた。生徒の顔写真を合成したコラ画像がLINEで流されたり、同級生と一緒にショッピングセンターに行ったときには一人だけ置き去りにされるなどした。

生徒は2014年9月21日に自殺を図り、1週間後の9月27日に死亡した。

生徒の遺族は当初は事件の公表を望まなかった。そのため学校側は自殺の事実を伏せ「生徒は転校した」と説明していた。

約1年後に仙台市教委が公表

仙台市教育委員会は11ヶ月後の2015年8月21日、学校名を伏せながら、「市内の中学校でいじめ自殺事案があった」と発表した。

遺族の意向に配慮したとして学校名は匿名で発表されたものの、インターネットなどを通じて事件のあった学校が特定された。

また自然発生的に、学校近くの公園にテーブルで「献花台」を設けるなどの動きも出た。公園を管理する仙台市の担当部署(区役所の公園担当)は「公園に無断で設置するのは法令違反にあたる。自主的な撤去を望む」とする声明を出すなどした。

遺族は公表以降の動きをみて、当初の意向を変え、自殺の事実を公表してほしいと2016年9月に要望した。

仙台市教育委員会はそれを受け、2015年10月、事件のあった中学校は仙台市立館中学校だと明らかにし、学校では生徒や保護者への説明会をおこなった。