福井県池田中学校生徒自殺事件

福井県池田町立池田中学校2年だった男子生徒が2017年3月に自殺し、背景に教師からの強い叱責があったとされている問題。

事件の経過

池田中学校2年の男子生徒は2017年3月14日朝、校舎から飛び降りて自殺した。

生徒は当日朝8時頃に登校し、朝学習に取り組んでいた。しかしその直後に姿が見えなくなっていた。午前8時30分頃、校舎下で倒れている生徒が発見され、救急搬送されたが死亡した。校舎3階の窓が開いていて、生徒はそこから飛び降りたとみられている。生徒は、遺書とみられる内容を記したノートを残していた。

調査委員会の報告書

学校・町教委は調査委員会を設置し、事件の原因を調査していた。2017年10月15日に調査委員会の報告書が公表された。

調査の中で、担任の男性教諭(30代)と、副担任の女性臨時講師(30代)がそれぞれ、この生徒に対して強く怒鳴りつけるなどの指導をおこなっていたことが明らかになった。その上で生徒の自殺は、「強い叱責で追い詰められたことが原因」だと結論づけた。

同級生に対して実施したアンケートでは、この生徒が「死にたいと訴えていた」などの書き込みがあった。また生徒は2年進級後、欠席や保健室利用の回数が増加し、何度か登校をしぶっていたこともあったという。

担任の行為

この生徒は2016年度後期、生徒会役員に就任した。2016年10月には「マラソン大会の準備が遅れた」として、担任は校門前でこの生徒を大声で怒鳴りつけた。また2017年1月頃には、「生徒会役員を辞めてもいいよ」などと言った。2017年2月上旬にも、生徒会行事で忘れ物があったとして生徒を怒鳴りつけている。

担任の行為は他の生徒の前や職員室でもおこなわれていた。目撃した他の生徒は「目撃するだけでも怖かった」「言い方がひどいと感じた」などと話していたという。

同僚教員が担任教諭の行為を見かねて「そんな強い口調で言わなければならないのか」「生徒に伝わっていない」と諫めても、担任教諭は「それだけしないとわからない」などと返答したとされている。「指導方法を考えなければいけない」というアドバイスに対しても、担任教諭は「手加減している」と答えたという。

副担任の行為

副担任の女性講師も2016年5月頃、この生徒が宿題を忘れたとして生徒を執拗に問い詰めた。生徒が理由を説明しても「言い訳だとして聞いてくれない」という状況になったとして、生徒は保護者に不満を訴えていた。

また2016年11月、2017年2月にもそれぞれ、宿題の件で叱責している。

副担任の講師は、生徒が小学校6年生だった頃、生徒の通っていた小学校で家庭科の臨時講師として勤務し、小学生時代の生徒の授業を受け持っていた。当時、ミシンがけの課題で講師がこの生徒に居残りをさせたことで、生徒が帰宅のバスに乗り遅れたことがあったという。生徒は「あの教師は嫌だ」と漏らしていた。

教職員のその後

担任教諭は事件直後の2017年4月より、町外の中学校へ異動した。2018年度には学校現場を離れ、福井県の関連施設で勤務していると報じられた。

副担任講師は2017年4月からも池田中学校に引き続き勤務したものの、事件のあった学年(新3年)の担当から外れ、1年の副担任を受け持つことになった。報告書が発表された2017年10月以降、体調不良として出勤を見合わせた。

校長は、報告書が発表された直後の2017年10月に辞表を提出し、辞職した。

副担任、別の生徒も不登校に追い込む

副担任の講師は2017年度、担当していた1年のクラスでも、女子生徒に対して強い叱責を繰り返し不登校に追い込んだことが指摘された。

刑事告発

福井市の市民団体は2017年12月、担任・副担任・校長の3人について、業務上過失致死容疑での告発状を提出した。担任と副担任については、「叱責を繰り返したことで自殺に追い込んだ」「自殺可能性は予見できた」とした。また校長については「当該教員の担任を外すなどの対応策を怠った過失がある」と指摘した。