指導死

生徒指導が引き金となった生徒の自殺は「指導死」という概念で定義されている。「指導死」の定義は以下のようになっている。

【1】一般に「指導」と考えられている教員の行為により、子供が精神的あるいは肉体的に追い詰められ、自殺すること。
【2】指導方法として妥当性を欠くと思われるものでも、学校で一般的に行われる行為であれば「指導」と捉える(些細な行為による停学、連帯責任、長時間の事情聴取・事実確認など)。
【3】自殺の原因が「指導そのもの」や「指導をきっかけとした」と想定できるもの(指導から自殺までの時間が短い場合や、他の要因を見いだすことがきわめて困難なもの)。
【4】暴力を用いた指導が日本では少なくない。本来「暴行・傷害」と考えるべきだが、これによる自殺を広義の「指導死」と捉える場合もある。

この定義によると、狭義の「体罰」を苦にして自殺した事件にとどまらず、直接的な暴力・有形力行使の有無を問わずに、生徒を精神的に追い詰めることで自殺に追い込んだ事例も含まれることになる。

「指導死」に該当すると考えられる主な事例

個別事例は「タグ:指導死」も参照

福岡県立田川東高校(1962年9月)

当時3年だった男子生徒が、担任教諭から「体罰」を受け、その直後に「教諭を恨む」とした遺書を残して自殺した。

福島県三春町船引町学校組合立要田中学校(1976年12月)

1976年6月、職員室に保管していた通帳が紛失した事件に関し、3年の男子生徒が盗んだと決めつけて複数の教師がこの生徒をつるし上げて自白を迫る。生徒は無実だった。同年12月には、この生徒が教科書を忘れたことを口実に、教科担当教師が通帳紛失事件を蒸し返して生徒を攻撃。生徒は直後に自殺。

埼玉県新座市立中学校(2000年9月)

2年の男子生徒が「校内で菓子を食べていた」として教諭から指導を受けた。その日の帰宅後、指導を苦にしたと受け取れる遺書を残して自宅マンションから飛び降り自殺。

長崎市立中学校(2004年3月)

2年の男子生徒がライターを持っていたとして教師から事情を聴かれた直後、校舎から飛び降り自殺。訴訟では指導と死亡との因果関係を認定した。

埼玉県立所沢高校(2004年5月26日)

カンニングを疑われた男子生徒が、教師からの事情聴取の直後に自殺。

北海道遠軽町立小学校(2008年4月)

5年次の担任教諭から、算数の宿題で図形の書き直しを2ヶ月以上にわたって命じられる、楽器の居残り練習をさせられるなどした。児童は6年進級時、この教諭が6年でも持ち上がりで担任になると知った直後に自殺。

広島県府中町立府中緑ヶ丘中学校(2015年12月)

3年の男子生徒が進路面談の際、「1年の時に万引きした」と誤った情報に基づいて、「推薦基準を満たさない」として、志望していた私立高校の専願推薦入試の受験を担任から拒否された。

生徒は万引きについて身に覚えがないと否定したが、担任はその後も繰り返し「万引きをした」と決めつけて対応し、「万引きのことを親に報告する」などと追い詰めた。生徒はその直後に自殺。

生徒は万引きには関与しておらず無実だった。1年次に別の生徒が万引きをおこない、当時事件の対応にあたった教師の手違いでこの生徒に関する書類に書き込まれていた。書類の誤りに気づいた別の教諭が訂正を求めたが放置されていたことや、3年の担任は1年次の担任など他の教諭に照会せず、本人の言い分を「嘘」と決めつける対応をしたことなどの要因も重なって、生徒を理不尽に追い詰めた形になった。

福井県池田町立池田中学校(2017年3月)

2年の男子生徒が、担任の男性教諭と副担任の女性教諭からの度重なる叱責などを苦にして、校舎から飛び降り自殺。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク