岩手県

「体罰」・対生徒暴力

岩手県立不来方高校バレーボール部員自殺事件

岩手県矢巾町の岩手県立不来方高校のバレーボール部員だった男子生徒が2018年7月に自殺し、背景に顧問教諭からの暴言やパワハラがあったと指摘された問題。 事件の経過 同校3年の男子生徒は2018年7月3日、自宅で自殺した。 数日後に...
「体罰」・対生徒暴力

岩手県立盛岡第一高校バレーボール部「体罰」訴訟

岩手県立盛岡第一高校(盛岡市)で2008年、バレーボール部員だった生徒が、顧問教諭から暴力行為を受けて不登校となりPTSDを発症したとして、岩手県や当該教諭を訴えた訴訟。一審・二審ともに生徒側の主張が一部認容された。 事件の経過 この生...
いじめ

岩手県矢巾町立中学校いじめ自殺事件

岩手県矢巾町立中学校2年の男子生徒が2015年7月5日に自殺し、背景にいじめがあり、また学校側の不適切対応も指摘された問題。 経過 岩手県矢巾町立中学校2年の男子生徒は2015年7月5日、東北本線矢幅駅のホームで、列車に飛び込み自殺した...