千葉市立小学校いじめ訴訟(2005年)

スポンサーリンク

千葉市立小学校4年だった男子児童が2005年、担任教諭の言動を引き金に同級生からいじめを受け、転校を余儀なくされたとして訴えた訴訟。

経過

千葉市立小学校で2005年4月、4年担任の男性教諭がクラスの児童に対し、「クラスで、好きな人と嫌いな人」の実名をクラス全員に書かせた。

約1週間後、この教諭はクラスで「結果を公表するかどうか」についての多数決を取った上で、「一番嫌われている人」として名前の挙がった児童の氏名を実名で公表した。

名前が挙がった男子児童はその後、同級生から言葉によるいじめを受けるようになり、約1年後に転校に追い込まれたという。また、同じ学校に通っていたきょうだいもいじめを受けたと訴えている。

元児童は2008年までに、「担任の結果発表は不適切で、学校側もいじめが始まった後に十分な対策を取らなかった」として、千葉市に対して約1100万円の損害賠償を求める訴訟を千葉地裁に提訴した。

千葉地裁で2010年6月28日、千葉市がアンケートの不適切さを認めて謝罪し、和解金200万円を支払う内容で、和解が成立した。