ネットいじめ

いじめのうちインターネットを使用した手法を特にネットいじめと呼ぶことがある。インターネットの普及、特に中学生・高校生への携帯電話の普及に伴い、2000年代半ば頃から社会問題化している。

手口としては、ブログ・SNS・掲示板・いわゆる「学校裏サイト」などへ、他の生徒を名指しして誹謗中傷や個人情報を書き込むなどがある。また匿名メールで執拗に悪口を送りつけたり、同級生らにメールで連絡を回しながら標的の生徒を攻撃するなどの手法もみられる。

さらに、被害者側の事件告発や事件の報道記事に触れた第三者のブログ・SNSでの正当な発信に対して、加害者側関係者が「名誉毀損・誹謗中傷」と難癖を付けて中傷書き込みや中傷メールなどで不当な恫喝をかけたり、プロバイダに嘘の「送信防止措置」などを送りつけて被害者や第三者を恫喝したり、プロバイダに不要な仕事をさせて業務妨害することなどで、正当な発信を妨害・恫喝し萎縮させようとする行為についても、脅迫や偽計業務妨害などの触法行為にもあたるとも考えられるが、「ネットいじめ」に含まれるべきだと考えられる。

ネットいじめの事例

(「タグ:ネットいじめ」も参照)

  • 転入してきたばかりの生徒が「早く友達を作りたい」としてブログを同級生らに紹介したが、同級生がブログに中傷書き込みを繰り返したために抑うつ症状を発症した。(2007年、京都市立中学校)
  • 1年生の女子生徒が、同級生からインターネット上に悪口を書かれたことを苦にする遺書を残して自殺。(2008年、福岡県・私立高校
  • 同級生の実名を名指しして「ネットに悪口を書かれた」とする遺書を残して当時3年生の女子生徒が自殺。(2008年、さいたま市立中学校
  • 1年の女子生徒が自殺。物を隠されるなどのいじめのほか、「LINE」に「レスキュー呼んどけよ」と脅迫書き込み。(2013年、熊本県立高校
  • 1年の男子生徒が自殺。同級生から「LINE」で中傷されるなどもあった。(2016年、新潟県立高校)
  • 女子生徒2人が、教室に座っている同級生の男子生徒に対して、生理用品のナプキンを顔に貼り付けるいじめ行為をおこない、その動画を「インスタグラム」にアップする。(2018年、新潟県立高校)
  • 2年の女子生徒が自殺。1年の時に部活動で上級生から罵倒されたり、「LINE」に悪口が書き込まれるなどして不登校に。その後転校したものの「LINE」での中傷が続いていたとされる。(2018年、東京都八王子市立中学校)
  • 2年の男子生徒が、所属していた部活動について「部活やめろ」などと他の部員から「LINE」に書き込まれるなどして自殺を図る。(2018年、愛知県・私立高校)
  • 1年の男子生徒が自殺。「LINE」に複数回にわたり、生徒を攻撃する書き込みがあったと指摘される。(2018年、三重県立高校)
  • 2015年当時中学校2年だった男子生徒が在学中にいじめを受けた案件に関連して、ネット上でこの生徒の実名を挙げて中傷する書き込みがあったとして、被害者側が発信者情報開示請求を経て書き込みは「同じ学校に通っていた生徒の家庭」からおこなわれていたものと特定し、2019年5月にその家庭の保護者を相手取り提訴。(埼玉県川口市立中学校)
  • 2年の女子生徒が同じクラスの男子生徒から事実無根の噂を振りまかれる。学校側が男子生徒を指導して当該生徒は謹慎処分となったが、男子生徒と交際していた別の女子生徒Xと、かねてから被害生徒と折り合いが悪かった上にXの友人でもある女子生徒Yがそれぞれ、男子生徒が謹慎のために体育祭に参加できなくなったことを逆恨みするなどして、女子生徒に対して「殺してやろうか」「ヘラヘラしやがって」などと攻撃する書き込みをSNSにアップ。女子生徒は不登校になった。(2018年、三重県立高校)

加害者が大学生や社会人の例

京都教育大学集団暴行事件(2009年)

京都教育大学体育科学生が同じ学科の女子学生に集団暴行。「加害者の友人」や「同じ大学の学生」「近隣大学の学生」と名乗る複数の者が、被害者を中傷する書き込みなどをmixiなどインターネット上に繰り返した。書き込み者の身元が特定され、通っている大学が当該学生を処分する例が相次いだ。

また事件のニュース報道を記載したり報道を元に感想を書いただけの多数の個人ブログに対し、何者かが「加害者への中傷」などとして法的根拠に乏しい削除要請を大量におこない、多数のブログを不正に削除させた・削除させようとした痕跡も確認された。複数のブログが「ニュース記事を引用して差し障りのない感想を書いただけなのに、プロバイダからいわれのない削除要請を受けた」被害を告発していた。

神戸大学法科大学院ネットいじめ事件(2009年)

授業の様子など同級生にしかわからないような内容を交えながら、特定の学生がインターネットの掲示板で中傷された。被害学生が大学側に被害を申告し、大学側が注意喚起の貼り紙を学内に掲示した。

その後書き込みは同級生のしわざであることが判明。書き込みをおこなった学生は大学から処分を受けた。

浦安事件(2003年)

千葉県浦安市立小学校養護学級担任教師が受け持ちクラスの児童に対しておこなった性的虐待事件。民事訴訟では2010年、加害者の犯行が、刑事事件では認定されなかった範囲も含めてほぼ全面認定され、浦安市に400万円の損害賠償を命じる判決が確定した。浦安市は加害者に求償し、加害者は賠償金相当額を市に支払った。

事件発生直後から、ネット上で被害者やその関係者を中傷する書き込みが執拗に繰り返された。何者かが匿名掲示板に被害者家族の実名と住所を書き込み、被害者一家は転居に追い込まれたともされる。

事件に関して、被害者側への中傷を執拗に繰り返す匿名のブログも作成されていた。書き込みの犯人はネット上で完全匿名を貫き、加害者教師のことを「元教師」などと第三者扱いで書き込んでいたが、以下の状況証拠から、加害者本人が何らかの形で中傷書き込みに関与している可能性が高いと疑われた。

  • ネット書き込みでの中傷の内容には、「事実ならば加害者本人しか(もしくは加害者本人が自ら情報を伝えた相手しか)知りようがない。第三者がそういう詳細な状況設定を作ってまで加害者をかばって被害者を攻撃する理由はない」という内容も含まれていた。
  • 加害者は民事訴訟の際「教師を依願退職してフリーでカメラの仕事をしている」と発言していたとする情報がある。「加害者と同姓同名で、しかも新聞報道された加害者の住所と市だけでなく町名単位まで一致する、自称写真作家の人物」が運営する自作風景写真販売のネットサイトが、事件で加害者を擁護し被害者への中傷書き込みを繰り返していた匿名ブログと相互リンクし、しかもそのブログを好意的に紹介していた(2009年12月まで中傷サイトと写真サイトの相互リンクを確認。2010年1月に互いに相互リンクを切っていることを確認)。同姓同名で同じ町内在住・しかも職業も同じという全くの別人がいるとも考えにくいし、仮に同姓同名だっただけだと、不法行為を犯して問題になった人物を好意的に紹介するなどありえないはず。
  • 写真販売のネットサイトは、民事訴訟の判決前後には一時「メンテナンス」名目で閉鎖されたものの、しばらくして復活した。

また「人権団体の関係者」を名乗り、被害者を中傷する書き込みもされた。

事件について、新聞報道からの引用などで触れたブログ記事を何者か(状況証拠からは加害者の関係者である可能性が濃厚)が敵視して、作成者側には氏名や連絡先の情報を一切隠したまま、サーバーを管理するプロバイダに一方的に嘘を言い立てるような、何の法的根拠もない不当な削除要請をおこない、さらに当該プロバイダは「苦情が寄せられたから、苦情の中身は当方では判断できないがとりあえず凍結した。解除してほしければ相手方と話し合え。話し合いがまとまれば解除する」と、プロバイダ責任制限法を正面から無視し、また社会常識にも反する無理難題を運営者側に通知する不正な方法で削除する事件もあった。

被害者が「プロバイダの行為は全く根拠がない」「プロバイダは原状回復措置をとれ」と抗議しても無視、やむなくネット上で告発すると、当該プロバイダは謝罪するどころか告発記事にも難癖をつけてさらに不当な削除要求をおこなう事例も生まれた。