尾道高校女子バレーボール部「体罰」事件

広島県尾道市の私立尾道高校で2018年、女子バレーボール部監督を務めていた男性教諭・I(53)が指導と称して部員に「体罰」や暴言を繰り返した事件。

事件の経過

当該人物は2010年度に同校に採用され、社会科の授業を担当しながら、女子バレーボール部の監督として部活動の指導をおこなっていた。

しかし、部員に対して日常的に暴力や暴言を繰り返していたことが2018年に明らかになった。

練習中に部員に対して「馬鹿野郎」「帰れ」などと日常的に暴言を吐き、また部員寮への送迎の車の中で生徒の家庭環境を中傷するなどの言動もあった。2018年9月には、女子部員の髪の毛をつかんで引きずり倒すなどの暴力行為もあった。

2018年11月、部員8人が部員寮から集団で抜け出して親元に帰り、保護者に被害を訴えたことで、教諭の暴力行為が発覚した。

学校側の調査の結果、教諭は「鍛えるためにやった」などとして事実関係を認めたという。

学校は2018年12月10日付で、教諭を減給処分にした。教諭は同日付で依願退職した。

過去の暴力事件

この教諭はかつて、鹿児島県の鹿屋中央高校で社会科教諭・女子バレー部監督を務めていた。2006年度にはインターハイで全国優勝させた経歴を持つ一方で、2007年5月に部員への「体罰」事件が発覚して出勤停止処分を受け、依願退職している。当時も、暴言や平手打ちなどの行為があったという。

2010年度に尾道高校に採用された際には、学校側は過去の「体罰」事件や処分歴を把握していたものの、当該教諭は「過去の反省を活かし、二度と『体罰』はしない」と話したことで採用を決めたとしている。