岩手県立不来方高校バレーボール部員自殺事件

岩手県矢巾町の岩手県立不来方高校のバレーボール部員だった男子生徒が2018年7月に自殺し、背景に顧問教諭からの暴言やパワハラがあったと指摘された問題。

事件の経過

同校3年の男子生徒は2018年7月3日、自宅で自殺した。

数日後に遺書が見つかった。遺書には、バレーボール部の顧問教諭・S(41)から「ミスをしたらいちばん怒られ、必要ない、使えないと言われました」などととして、「バレーボールも生きることも嫌になりました」などと記されていた。

保護者は「バレーボール部顧問教諭の指導が原因ではないか」と疑って学校に連絡した。

岩手県教委が部員や教員を対象に調査をおこなったところ、顧問教諭がこの生徒に対して、暴言や人格否定の言動を繰り返していたと指摘された。

顧問教諭は2018年2月頃から、部活動の主力選手だったこの生徒に対して、「おまえのせいで(対外試合に)負けた」「部活やめろ」「おまえはばかか」「脳みそ入っていないのか」「代表に選ばれているのにどうしてできないんだ」「背はいちばんでかいのに、プレーはいちばん下手だな」など、人格否定の暴言を日常的におこなっていた。また生徒が助言を求めても無視するなど、生徒を心理的に追い込む行為もあったとされる。

遺族は、第三者委員会を設置しての詳細な調査を求めた。

また生徒の父親は2018年10月19日に文部科学省を訪問し、文科省・スポーツ庁の担当者と面会した。「暴力・暴言によるスポーツ指導をなくすよう具体策を講じてほしい。実態調査をおこなってほしい」とする内容の、柴山昌彦文部科学大臣および鈴木大地スポーツ庁長官宛の要請書を手渡した。

刑事告訴

遺族は2018年11月16日、生徒の顔にボールを投げつける暴力行為をおこなったなどとして、顧問教諭を刑事告訴した。

岩手県警は2019年4月8日までに、顧問教諭を暴行容疑で書類送検した。

顧問教諭は以前にも部活動指導で事件を起こす

当該顧問教諭・Sは、岩手県立盛岡第一高校(盛岡市)に勤務していた2008年にも、バレーボール部で部員の生徒に暴力や暴言を繰り返し、当時の生徒から訴訟を起こされている。