「体罰」・対生徒暴力事件関連年表(2020年~)

いわゆる「体罰」事件や、教師による対生徒暴力事件について、関連する出来事を年表形式でまとめています。

~1979年) – (1980~89年) – (1990~99年) – (2000~09年) – (2010~19年) – (2020年~

2020年代

2020年

2020年1月17日 東京都のお茶の水女子大学附属中学校の教諭が2019年9月、1年生の男子生徒を蹴りつけて骨折させるケガを負わせたとして、警視庁大塚署は同教諭(2019年12月に辞職)を傷害容疑で書類送検。

2020年1月20日 千葉市教育委員会は、「2020年1月8日、1年生の教室で落書きが見つかったとして、同クラスでの授業中、最前列に座っていた生徒にカッターナイフの刃先を向けるなどした」として、花見川区内の市立中学校の男性教諭(29)を同日付で停職6ヶ月の懲戒処分にした。

2020年1月31日 大阪市教育委員会は、「顧問を務めていたハンドボール部で生徒に暴力や威嚇行為を繰り返した」として、市立東我孫子中学校(住吉区)の男性教諭(54)を同日付で停職9ヶ月の懲戒処分にした。当該教諭は2014年度および2017年度にも「体罰」・暴力行為で懲戒処分や行政措置を受けた経歴がある。また管理責任を問い、2018年度校長を戒告処分、2019年度校長を口頭注意処分とした。

2020年1月31日 大阪府教育委員会は、「2019年7月、真夏の炎天下の元で、生徒をプールサイドで正座させやけどを負わせた」として、大阪府立高校教諭(56)を同日付で減給処分とした。

2020年2月3日 「2019年11月、担任クラスの女子生徒を平手打ちするなどしてケガをさせた」として、警視庁は同日、私立駿台学園中学校(東京都北区)で1年担任を務める男性教諭(39)を書類送検した。

2020年2月7日 和歌山県教育委員会は、「2019年4月~12月、担任する6年のクラスで、半数以上の児童に対して常習的に『体罰』を加えていた」として、和歌山市立新南小学校の男性教諭(46)を同日付で停職6ヶ月の懲戒処分にした。

2020年2月20日 兵庫県立飾磨工業高校(姫路市)の多部制柔道部で、顧問教員3人が長時間練習などの不適切指導をおこなったとして、2019年末より顧問が自宅待機となっていることが報じられる。部員が2019年12月に集団家出し、顧問からの「体罰」被害を訴えるなどしたことで発覚。顧問らは長時間練習を認めたものの、「体罰」については生徒側との食い違いがあり調査を継続した。兵庫県教委は2020年3月24日付で、顧問3人のうち男性教諭(55)を停職3ヶ月、男性常勤講師(20代)を減給10分の1・6ヶ月の懲戒処分。男性教諭の長女でもある女性講師(20代)については、非常勤講師のために地方公務員法上の懲戒処分の対象とならないという。

2020年3月6日 中京学院大学中京高校(岐阜県瑞浪市)の剣道部で、非常勤職員の30代女性コーチが2020年1月15日、指導中に女子部員を平手打ちする事案があったとして、同年2月上旬より1ヶ月の始動停止処分を受けていたことが明らかになった。

2020年3月17日 東京都世田谷区立中学校で2019年5月、国語担当の男性教諭が1年の男子生徒に「体罰」・暴力行為を加えた上、教諭は後日この生徒について「辞書を使うな」「(ほかの生徒に対して、この生徒と)口を利くな」などいじめまがいの発言をして不登校に追い込んでいたことがわかった。世田谷区教委は「体罰」は確認したものの、暴言は確認していないとしている。

2020年4月1日 兵庫県教育委員会は、「2019年4月、担任クラスの男子生徒を蹴りつけ打撲傷を負わせた」として、阪神地区の中学校の50代女性教諭を減給処分。同教諭は2019年12月、傷害罪で西宮簡裁から罰金30万円の略式命令を受けた。