いじめ事件関連年表(2020年~)

いじめ事件に関する出来事を年表形式でまとめています。

1979年以前) – (1980~89年) – (1990~99年) – (2000~09年) – (2010~14年) – (2015~19年) – (2020年~

2020年代

2020年

2020年1月22日 「東京都府中市立小学校に在学していた当時、同級生から激しいいじめを受け不登校になりPTSDを発症した。学校側はいじめを放置した」として、被害に遭った女性が府中市を訴えていた訴訟で、東京高裁は同日、原告側請求を棄却した一審東京地裁立川支部判決(2018年6月)を変更、「医師が学校側に対して『いじめが原因ではPTSDを発症した』と説明したが、当時の校長や担任が取り合わず、医師には『いじめはない』などと反論した」と指摘し、学校側がいじめを放置したと認定、また学校側の対応が被害者の症状長期化につながったとして、学校側の過失、およびPTSDの因果関係を認めて府中市に約756万円の損害賠償を命じる判決。被害者は事件から十数年たった2020年時点でも治療中だとという。府中市は上告せず二審判決が確定。

2020年1月24日 新潟県新発田市立中学校2年の男子生徒が2017年に自殺した事件について、「学校側がいじめを放置した」「いじめ加害者の名前も遺族に開示されていない」として、遺族側が新発田市に対し、約3000万円の損害賠償と加害者情報開示を求める民事訴訟を新潟地裁に提訴。

2020年2月6日 鳥取県教委は、「2019年10月に実施した『いじめなどに関するアンケート』で、担任クラスの生徒が自身に否定的な回答をしたとして、当該部分を消しゴムで消して改ざんした」として、鳥取県立鳥取工業高校で3年を担任する男性教諭(40)を同日付で減給10分の1の懲戒処分にしたと発表。

2020年2月7日 兵庫県尼崎市立小学校で2016年、当時3年だった女子児童が同級生の女子児童から継続的に暴行を受けるなどのいじめを受けて抑うつ症状を発症し不登校に追い込まれたとして、被害者側が加害児童の保護者を相手取り、約500万円の損害賠償を求めて神戸地裁尼崎支部に提訴。

2020年2月10日 2005年に神戸市立小学校で発生したいじめ事件について、神戸市教育委員会と被害者家族は同日、「当時市教委がいじめと認定しなかった」経緯について検証する第三者委員会の設置に向けた調整を行っていることを明らかにした。発表時点ではいじめ事件発生から15年経過しているが、被害者が加害者側を相手取って起こした民事訴訟ではいじめを認定する判決が2009年に確定しているものの、神戸市教委はいじめを認定しないままとなっているという。

2020年2月13日 三重大学教育学部附属小学校(三重県津市)で4年男子児童と3年女子児童の兄妹に対してそれぞれ暴力や悪口などのいじめがあり、2人とも2019年6月以降不登校になっていたことがわかった。学校設置者の国立大学法人三重大学がそれぞれについて「重大事態」と認定した。被害児童らが同日に記者会見して明らかにした。その際に被害児童が自らいじめの被害を訴える異例の対応となったという。

2020年2月25日 神戸市垂水区の市立中学校3年だった女子生徒が2016年に同級生からのいじめを苦にして自殺した問題で、被害者側と神戸市の訴訟外での和解がまとまり、神戸市が和解金約2000万円を支払う議案が神戸市会で可決された。

2020年2月27日 兵庫県尼崎市立尼崎高校の水泳部で2019年、2年女子生徒へのいじめがあったが、顧問教諭は加害者の言い分を鵜呑みにして、被害生徒に対し「いじめはない。嘘をでっちあげた。加害生徒に謝罪しろ」などと強要するなどして、女子生徒がPTSDを発症し不登校状態になっていたことがわかった。

2020年2月27日 滋賀県大津市立中学校いじめ自殺事件の民事訴訟、大阪高裁が一審判決を変更、被害者側の過失相殺を指摘して損害賠償を約400万円に減額する不当判決。

2020年2月27日 兵庫県多可町で2017年、当時小学校5年の女子児童が自殺し、背景にいじめが指摘された問題で、遺族側と多可町の間で裁判外訴訟手続き(ADR)による和解が成立した。町が和解金約300万円を支払う。いじめ自殺問題で、遺族と自治体との間でADRによる和解が成立したのは全国初。

2020年2月28日 神戸市立東須磨小学校での教職員暴行・ハラスメント事件で、神戸市教委は同日付で、加害者2教諭を懲戒免職、加害者1教諭と前校長を停職3ヶ月などの処分。

2020年3月2日 兵庫県加古川市立小学校2年の女子児童が入学直後より同級生からいじめを受け、1年時の2018年5月から不登校状態になっていることがわかった。被害児童は幼稚園時代からいじめを受け、小学校に進学しても同じ小学校に進学したグループからのいじめが続いていたという。

2020年3月6日 三重県立高校1年の男子生徒が2018年8月に自殺した事件について、三重県教委が設置した第三者委員会で、LINEでのやりとりなど7件をいじめと認定。

2020年3月6日 大阪市立小学校2年の女子児童が2019年夏頃より同級生からいじめを受け適応障害を発症していたことが報じられる。大阪市教委は被害訴えを半年間放置していたと指摘された。

2020年3月6日 横浜市立中学校で2015年、当時2年の女子生徒が同級生5人から学校外のトイレに連れ込まれ服を脱がされるなどして、その動画をSNSで拡散されるなどのいじめを受けていたことがわかった。横浜市教委は「重大いじめ」と認定。

2020年3月12日 大阪市立小学校5年の女子児童が2019年9月24日、「学校で死ねって言われた。自分死んだって誰も悲しまない」などといじめ被害をほのめかすようなメモを残して自殺していたことがわかった。両親が同日に記者会見して事実関係を公表。

2020年3月17日 兵庫県尼崎市立尼崎高校水泳部で2017年度、当時1年の女子生徒が部員から悪口や仲間はずれなどのいじめを受け、不登校状態になって退学に追い込まれていたことがわかった。同校の水泳部では2019年度にも、2年の女子生徒へのいじめがあったことが2020年2月に報じられたばかり。

2020年3月26日 大阪市立中学校1年の男子生徒が2018年1月に自宅マンションから転落死した問題で、調査にあたっていた第三者委員会は「この生徒へのいじめがあった」「いじめと自殺に関連がある」などと指摘する報告書をまとめ、公表した。

2020年3月30日 石川県加賀市立小学校に通っていた男子児童が、小学校在学中に暴言を受ける・ランドセルをたたかれるなどのいじめを受け、中学校進学後も不登校状態になっていたことがわかった。加賀市教委は、いじめがあった時期や被害児童の当時の学年については非公表とした。

1979年以前) – (1980~89年) – (1990~99年) – (2000~09年) – (2010~14年) – (2015~19年) – (2020年~
いじめ
スポンサーリンク
教育資料庫をフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
教育資料庫